韓国コスメ

アイオペのクッションファンデの口コミを調査!色や種類はどれを選べばいいの?

IOPEクッションファンデの口コミ

韓国生まれのファンデーションといえば、クッションファンデ。

手も汚すことなく、付属のスポンジでファンデーションをなじませるだけでメイクを完成させることができるため、メイクの時短アイテムとしても韓国国内では長い間人気を集めています。

そんな便利なクッションファンデの生みの親と言われているのが、韓国の大手コスメブランドIOPE(アイオペ)です。

今もなお、世界中の美容女子を虜にしているアイオペのクッションファンデが人気の理由はなんでしょうか?

今回はアイオペのクッションファンデの口コミを徹底調査!

その色の選び方、種類、成分やレフィルについてまで、アイオペクッションファンデの魅力についてご紹介します 😉

 

 

アイオペのクッションファンデの口コミがいい理由

数年前はそれこそアイオペでしか販売されていなかったクッションファンデですが、現在では韓国のコスメブランドであれば必ずと行っていいほどどのメーカーからも販売されています。

それだけ選ぶ選択肢が広がったクッションファンデですが、そうした今でもIOPEのクッションファンデは世の女性に選ばれ続けています。

 

世界中で支持されている圧倒的人気度

アイオペの化粧品開発には300を超える皮膚科学研究員が携わっています。

そう、アイオペはドクターズコスメなんです。

肌のプロフェッショナルが開発や研究に携わっているとあり、安心感もあります。

2008年から販売され始めたアイオペのクッションファンデの累計販売数はなんと3800万個以上!

世界中で認知されており、なんと5秒に1個売れているという計算になります…!

韓国から生まれたコスメアイテムは、いまでは世界中で支持されるものになっているのです。

 

1つで6つもの役割

クッションファンデの前に韓国コスメで流行したのがBBクリームCCクリーム

この2つはどちらも化粧下地なのですが、ただ下地というだけではありませんでした。

 

  • BBクリーム→下地・日焼け止め・ファンデーション
  • CCクリーム→下地・カラーコントロール(ファンデーションが不要)

 

こうした何役も担う時短のメイクアイテムは、日々忙しい女性の間で注目を集め、この2つのクリームはどちらも流行アイテムとなりました。

そこからさらに進化したのがクッションファンデともいえますね。

そしてなんとIOPE(アイオペ)のクッションファンデは6つもの役割を担ってくれます。

 

IOPEクッションファンデの3つの効果

日焼け止め効果

後ほどご紹介しますが、数種類あるアイオペのクッションファンデはどれもSPF50という高い日焼け止め効果があります。

そのため紫外線の強い夏でも日焼けを気にせずに、安心して使うことができます。

 

下地効果

もちろんリキッドファンデをクッションに染み込ませているため、ファンデーションだけかと思いきや、なんと下地効果もあります。

ポンポンとスポンジで肌になじませるだけで、毛穴が目立たなくなりツルッとした肌に!

そこから重ね付けをすれば、よりツヤなどを出すことができアイオペのクッションファンデだけでメイクを仕上げることができます。

 

皮脂コントロール効果

一見するとファンデーションでできるものなのか、と思うような効果ですがアイオペのクッションファンデであれば可能です!

アイオペのクッションファンデには油分をコントロールしてくれる効果があるため、つけると肌になじみ過剰なテカリを防いでくれます。

 

エイジングケア

またアイオペのクッションファンデにはアデノシンという成分が含まれています。

アデノシンといえば育毛でよく聞く成分ですが、実は肌のコラーゲンの生成を助けたり、細胞のターンオーバーを助け肌細胞を活性化したりと美容にも良い効果があります。

クッションファンデを使いながらシワなどのエイジングケアもできれば一石二鳥ですね!

 

毛穴引き締め効果

そして最後に引き締め効果です。特別な冷感効果があるわけではないのですが、実際にファンデーションを肌につけるとひんやりとして気持ち良い!という口コミが多く寄せられてます。

夏など特に暑さで毛穴がだれてしまいがちな時にも便利なクッションファンデです。

 

クッション・付属のスポンジが別格!

クッションファンデでは、やはりファンデーションのカバー力などが注目されがちですが実は忘れてはならないことが他にもあります。

それはクッションと付属のスポンジです。

クッションファンデはファンデーションをクッションに染み込ませてあるため、土台となるクッションが粗悪なものではうまくファンデーションが滲み出てきません。

そうなるといざ肌にファンデーションを乗せようとしても、ファンデーションが出て来ず使えなくなってしまいます。

アイオペのクッションは3Dセルタイプとなっています。特徴のこの小さな凸凹です。

この一つ一つのセルがクッションファンデを押し出すため、多すぎず少なすぎず適量のファンデーションをスポンジにつけることができます。

 

またもう一つファンデーションをつけるスポンジにも注目しましょう!

クッションに比べると凹凸が全くなく、つるっとしているのがアイオペのスポンジの特徴です。

一見他のメーカーのスポンジと変わりないように見えますが実は縫製がしっかりとしており、さらに鼻の横などファンデーションが塗りにくい部分にもしっかりとフィットさせることができるように作られています。

プチプラコスメのクッションファンデなどではこのスポンジの縫製が甘く、顔にファンデーションを塗っているとスポンジがチクチクして痛いということもあります。

しかしアイオペであればそのような心配は一切要りません。

クッションからスッとスポンジにファンデを染み込ませ、サッと肌に塗ることができ手間をかけず綺麗な肌を作ることができます。

 

クッションファンデの色と色選び

アイオペの4つのクッションファンデにはカラーバリエーションがあります。

どれも2つずつで同じ番号になっています。

21番がライトベージュ、23番がミディアムベージュですが、ライトベージュを使うとかなり白っぽくなった、顔だけ白浮きしたようになったという口コミも多くあるため、23番が一般的と思われます。

クッションファンデは量の調節ができるため、まずは23番から試してみるとよいでしょう。

 

 

アイオペの公式ストアから買えばお得になる

韓国などの外資系コスメを日本で購入すると、どうしても関税などで値段高くなってしまうのがネックですが、アイオペでは現在嬉しいキャンペーンが!

実はアイオペは日本で公式のオンラインストアを持っています。

もちろん韓国国内と同じ値段というわけにはいきませんが、不当に価格を釣り上げられることもなく、なおかつ直営店のため安心して商品を購入することができます。

そしてアイオペの看板商品ともいえるクッションファンデは嬉しいキャンペーンも!

アイオペを初めて購入する、という方はオンラインストアから購入すればクッションファンデが500円引きで購入することができます。

クッションファンデが初めてで、どんなアイテムかわからず少し不安という方もぜひこれを機会に試していただきたいです。

発売から10年経っても韓国国内はもちろん、海外でも愛されるアイオペのクッションファンデをぜひ試してみてくださいね!